◆本文の前に脱ステについて◆

このブログは脱ステロイドを推奨するためではなく、今脱ステで苦しむ方々の励みとなり、役立てればと始めましたことを、あらかじめご理解いただければと思います。
それでは本文へお進みください^^

秋の肌乾燥でスキンケアしてもアトピー悪化しやすい方へ 2大原因とすぐに取り入れられる対策を紹介!

コラム
スポンサーリンク

さて、前のページでは肌のバリア機能回復のかなめになる”セラミド”を食事から補うことについて書きました。

そしてそのセラミドだけでなく、食事から取り入れた栄養素を細胞に届ける役割を行うのが血流。

このブログでは血流を改善することばかり取り上げていますが、
乾燥対策でもやはり血流が大切になってくるのです。

原因2:運動不足を解消して肌に栄養を届ける!

肌乾燥の2大原因のもう一つは運動不足

せっかく肌のためにセラミドを摂取しても、肌に届かなければ意味がないですよね。
このセラミドを肌細胞に届ける役割を担うのは血液。

その血液を細部に届けるのを助けてくれるのが運動です。

なにも、ハードな運動をする必要はありません。
目指す体は、お風呂で汗が出る身体。

実は、乾燥しやすい部分ってあまり汗が出ないのです。
それって、それだけ血管が使われていないということ。

私も、アトピーがひどくなっていく過程で、暑くても全く汗がでなくなっていました。
そして、だんだんと部分的に汗が出るようになっていき
(一時期は、一部だけが蒸れているときもあった)
今では脚のスネやふくらはぎ、上腕部からもポタポタと汗が垂れるようにまで。

汗が出る身体になるために、私が普段からやっている簡単な運動をご紹介します。

血流改善で潤う体質へ!簡単な運動を紹介

寝起きと夜寝る前にオススメの手足ぶらぶら体操

寝転がって手足をぶらぶら揺する

寝起きにオススメの全身屈伸体操

仕事で座りっぱなしの時もオススメ

仕事中などに座りながらつま先曲げ伸ばし

いつでもできる

固まってるなと思ったらトントンその場跳び

その場で軽くジャンプするのを50〜100回くらいするだけでも血液動いたの感じます♩
できる方は、1日500回くらい目指しましょ。

明るくて柔らかい血の通った肌を目指してマッサージもOK!

上で紹介した運動をしても、もともとすごく固くなっている部分は
マッサージなんかを追加するのもOKです。

ちなみに、私はAmazonで買ったローラーとかっさも愛用しています。

かっさはお風呂場で、ローラーはテレビを見ながら身体中に使ってます。

特にローラーは、顔や首にも使いますが、足裏・膝回り・腕・肩・お尻など、テレビを見ながら適当に全身コロコロできるので、オススメです。
アマゾンで適当に安いの買いました(笑)

その他:乾燥対策のためにやっていること

乾燥対策のためには熱すぎるお湯は使わない!が基本

寒くなるとついついお湯の温度を上げてしまいますが、
熱すぎるお湯はどうしても乾燥を促進します。

そのため、お風呂や食器洗い、洗顔などはぬるま湯で。

ぬるま湯の目安は体感で

適温は38度〜40度などと言われていますが、
その温度なら良いというわけではありません。

適温は人によるし、日によっても変わります。

触って刺激を感じたら、それはもうすでに乾燥を促進する温度なので、
お風呂などはぬるめに設定しておいて、ぬるすぎたら後から追い焚きするなどがオススメです。

特に、熱いお風呂に無理やり入るのは肌のことを考えたら避けるのが懸命です。

とはいえ、温泉などは入ってしまいますが(笑)
その後血行が促進されてしばらく温かいのが続くので、乾燥と相殺しているように感じます。

でも、毎日の家庭のお風呂での高温浴は避けるのが懸命ですね。

温冷浴や温冷洗顔で血行促進!

温冷浴って聞いたことありますか?
温かいお湯に入ると血管が広がり
冷たい水に入ると血管が収縮します。
この血管の拡大と収縮を繰り返すと、血流が改善するのです。

家では浴槽をふたつ用意するわけにはいかないですが、
温水に5分ほど使った後、冷ためのシャワーを浴び、またお風呂に入る
を繰り返すと、汗がびっくりするくらいに噴き出してくる瞬間があります。

ゆっくりお風呂に入れるときはもちろん、
シャワーしか浴びることができない時も
体表だけでも温めたり冷やしたりしていると、
その部分がじわじわと温かくなることを感じます。

また、自律神経が整ったり、温水シャワーだけよりも疲労回復しやすいという研究も!

朝に温冷洗顔すると、しっかりと目が覚めるとともに、一気に顔色が明るくなります!
給湯設備があれば手軽にできるので、ぜひぜひお試しくださいませね。

ちなみに、水の温度は、差がわかれば冷たすぎなくても大丈夫ですよ。

静電気を起こさない&除去する

乾燥の大敵、もうひとつありました。
それは静電気!

静電気がたまると、埃などを吸い寄せ、痒みなどの原因になります。
なので、静電気をためないように心がけることも重要!

上記してきた乾燥対策にプラスして

  • 帯電しにくい綿や自然素材の服を選ぶ
  • 電気バランスを整えルためにミネラルの入った水分をとる
  • 電気製品を長時間触らない

なども大切です。
そして、静電気が溜まっているかなと感じたら、
水分を自分にふりかけたり、
木や食物に触れてアーシングして静電気除去しましょう。

私は周りに電線のない公園の木に触れてアーシングしています。見た目は若干あやしいけど、とっても気持ちいい^^

…昔、葉っぱをお腹に貼っておくというアーシングの方法も見かけたけれど、
ちょっとあやしいけど、間違ってはいない気がします(笑)
なのでキャベツとか持ってるだけでもいい気がしますw

乾燥対策をすると冷えがなくなり更に健康に!

ここまで乾燥対策についてお読みいただくとお分かりになると思うのですが、
乾燥対策をすると、冷えがなくなるのです。

また、ホットフラッシュのような上半身だけののぼせも落ち着きます。

なぜなら、血流が整うから。

脱ステをしてきて、色々な不調が全部繋がっていたのだなぁと改めて感じます。
そして、その不調はひとつ改善していくと、
あれ?もしかしたらこれも?
と少し調べて工夫すると、芋づる式に改善が進んでいくのです。

この「アトピーと暮らす」というブログの中にあるほとんどの記事には、
血流と腸内環境改善が出てきます。
(もしよかったらまた遊びに来て他の記事もご覧ください^^)

今ある症状が他のものに繋がっているなんて思ってもみなかったけれど
自分を通じて実験をしてきて、今も様々に試しながら
ひとつ何かをクリアしたら、そのさきに改善できることがたくさん見えるのだなと感じるのです。

なので、大きな不調でなくても良いので、
何かひとつ改善するきっかけになれたなら幸いです。

このブログでも、様々な方法を紹介してまいりますが、
私以上に不調と向き合い、それぞれに改善されている方が、たくさんいらっしゃいます。

そんな方々のブログも読み漁りながら、
今これをお読みのあなたに合った改善策が見つかることを願ってやみません。

欲しいと思った未来は諦めなければ、誰もが手に入れられると信じています。

それではまた^^

最近インスタグラムに加えてTwitterもはじめました。
ブログ更新がゆっくりなので、更新できたらSNSでお知らせしています。

もしよかったらフォローしていただけますと幸いです。

コラム美容
白多羅をフォローする
アトピーと暮らす
タイトルとURLをコピーしました