◆本文の前に脱ステについて◆

このブログは脱ステロイドを推奨するためではなく、今脱ステで苦しむ方々の励みとなり、役立てればと始めましたことを、あらかじめご理解いただければと思います。
それでは本文へお進みください^^

脱ステロイド初期の写真と痒み以上に辛い症状

脱ステ中の脚の落屑 脱ステ経過
スポンサーリンク

脱ステ1ヶ月目に起きた肌以外の症状は自律神経と腎臓の異常

脱ステというと、肌の症状ばかりにフォーカスされがちですが
肌の変化以上に身体の症状もつらいものでした。

のちに、会社を休むきっかけとなるのは、肌症状ではなく、自律神経の異常からくる不眠でした。

痒くなくても眠れない?!脱ステから始まった不眠症〜自律神経過緊張〜

脱ステ前は夏に震えるほどの冷え・悪寒

昨年2019年の夏、前半は長袖でも過ごせるほどに涼しく雨続きで、
後半は異常な暑さでした。

そんな中、ステロイドが効かなくなるひと月ほど前から
とにかく寒い、寒い、寒い
ひどい悪寒に悩まされていました。

室内では長袖のシャツの上にカーディガンをはおり、
レッグウォーマーもつけていないと耐えられないほど。

周りを見るとアイスコーヒーを飲んでいるのに、私はホットコーヒー(笑)
友達に「え?ホット?!」と驚かれたりしました。

今思うと、自律神経の異常がステロイドを効かなくさせた最後のトリガーだったのかなと感じています。

寝付けるのは朝?!夜に目が冴え眠れなくなる

脱ステを初めて少しすると、目が冴えて眠れないことが増えて行きました。
最初は朝の5時ごろまで眠れない日があると、翌日には電池が切れたように眠る…
その後朝方4時ごろに目が覚め、起床時間まで目が冴える…

だんだんと、夜に眠れることがなくなり、
朝の5時に眠り、仕事に行くために8時に起きる…
という生活になり、一睡もしないままベッドの中で朝を迎えることも増えて行きました。

脱ステ中は睡眠障害が起きやすい?!

先に記した通り、体温の調節機能が乱れたりと自律神経が変調を起こします。

さらに、寝ても覚めても常にかゆい状態が続いているので、
いつでも誰かに触られているような緊張感が途切れない…
いつも感覚が研ぎ澄まされているような。
そんな緊張状態が続いているのです。

痒みと緊張感、その両方が合わさってどんどん眠れなくなっていくという
負のスパイラル…

正直私にとっては、見た目の悲惨さよりも
眠れないストレスの方がよほどキツかった。

そして、その不眠は脱ステ開始から5ヶ月経過した今でも続いているのです。
(以前よりは眠れる時間が増えてきましたが^^)

そして、不眠と同時期に始まったのが…

老廃物が出ていかない!便秘&排尿障害&むくみ

この頃は全身がむくみ、その後浸出液が出て、落屑へと変化するのですが、むくみが本当に酷かった。
なんていうか、腐る直前の果物のような感じです。
皮が薄くなっていき、その下で水分が膨れ上がっていく。
少しでも爪を立てたらプシャって弾け出すような。(実際すぐに滲み出ます。)

そして、気づいたら全然尿が出ていない
トイレに立っても
「え?もう終わり??」
というくらいに尿が出ない。

ということは、このむくみは老廃物だらけT_T

さらに、気づいたら5日も便が出ていない…

ただでさえ、排出しなければいけないのに
あぁ…身体の中に老廃物が蓄積している…

と絶望的な気持ちになったものです。

排尿障害とむくみ(&浸出液)は1ヶ月ほどで落ち着く

私の場合はなるべく体液を動かすべく、
全身を使って伸びたり縮んだりといった運動をし、
排出を促すべく、カリウムの多い食材を意識して摂取しました。

そうすると、少しずつ尿が出るようになり、
尿が出始めると、むくみが改善し、象のような足首で曲げ伸ばしが困難だったのが
少しずつ動かしやすくなって行きました。

便秘は試行錯誤して少しずつ改善

食べるものに気をつけたりするだけでなく
悪玉菌に退出していただくような施策を練ったり
善玉菌に住み着いてもらえるようにより良い腸を作るべく
たくさんのことをする中で、5日から4日、4日から3日と
少しずつ、少しずつ改善して今では1日1〜2回のお通じがきています。

腸内環境改善については、とっても長くなるので、改めて記事にしますね。

ステロイドのリバウンド症状は人それぞれ

様々なブログを読み漁っていましたが、
ステロイドのリバウンド症状、出るタイミングは人それぞれのようです。

それでも、同じような症状のかたがいると、ホッとしました。
そして、それぞれの症状は必ず良くなります。

今、脱ステ中のかたは先が見えずに不安なお気持ちでしょうが
身体は必ず応えてくれます。

頑張ってくれている身体と心の声を聴きながら
頑張っている自分を
「こんなに辛いのに良くやってるね」
といたわってくださいね。

さて、この初期の時期、自分でなんとかしたいと試行錯誤していました。
けれど、自分一人で治すことに限界を感じて、脱ステロイド療法を指導する皮膚科を受診。
そこで、先生に私が試行錯誤したことをお話すると
・症状を軽くする成功策
・脱ステが長引く失敗作
両方が混在していたことがわかりました。

後日改めて、試行錯誤の内容と、良し悪しの理由・改善策について記事にして参ります。

それではまた。
少しずつの更新ですが、これを読んでくださったかたの励みになれたなら幸いです。

最近インスタグラムに加えてTwitterもはじめました。
ブログ更新がゆっくりなので、更新できたらSNSでお知らせしています。

もしよかったらフォローしていただけますと幸いです。

脱ステ経過
白多羅をフォローする
アトピーと暮らす

コメント

  1. ExoRank.com より:

    Awesome post! Keep up the great work! 🙂

  2. Devin Detorres より:

    Everyone loves what you guys are usually up too. This kind of clever work and exposure! Keep up the very good works guys I’ve included you guys to my blogroll.

  3. Royal CBD より:

    It’s difficult to find knowledgeable people for this subject, however,
    you sound like you know what you’re talking about! Thanks

タイトルとURLをコピーしました