◆本文の前に脱ステについて◆

このブログは脱ステロイドを推奨するためではなく、今脱ステで苦しむ方々の励みとなり、役立てればと始めましたことを、あらかじめご理解いただければと思います。
それでは本文へお進みください^^

脱ステロイド初期症状を軽くする成功策〜体液を循環させ毒素排出を促す身体編(症状写真あり)

脱ステ方法
スポンサーリンク

Step3:いつでもできて効果絶大!指と耳のケア(手・耳の滲出液写真あり)

今、このブログをお読みのあなたの指・耳は硬いですか?柔らかいですか?
などと聞かれても、意識したことはないのではないでしょうか。

実は、アトピーを持つ人の指や耳って、硬いことが多いのです。
アトピーではない人のものを触らせていただくとふわふわとした柔らかさにびっくりすることがあります。

では、なぜアトピーの人の指や耳が硬いのか?
それは、
・身体を掻くために指先に必要以上に力が入っている
・首や顔周辺の血流が悪い
からなのです。

手も足も、指先には身体中に信号を送ることができる多くの神経繊維が存在している上に
血流の折り返し地点で老廃物が溜まりやすい場所でもあります。
なので、指先のこわばりを取ることで、トントン跳びや、全身運動の効果がさらに上がって行きます!
そしてそれは耳に関しても同様で、顔周りの血流を上げる鍵になっていきます。

また、脱ステに成功した方たちのブログを読んでいると、
耳の滲出液と手のパックリ割れに苦しめられ、
最後まで症状が残っていたのが「顔」「手の甲から指」という方が多いです。

という私もやはり、12月中旬まではひび割れもありましたが、
今では手袋なしで食器を洗っても問題ないくらいまで回復しました。

左:2019年10月 中:2019年12月 右:2020年1月

まだキメは荒いですが、ぱっくり割れもなくなり、安心して過ごせるようになったのです。
そして、常に冷たく硬かった指先も、温かく柔らかいことも多くなりました。
(朝などは夜中に無意識で身体を掻くので、硬くこわばっていることが多いです)

耳についても、一番ひどい10月は寝ていても耳の中に液だれするほど滲出液に悩まされましたが、
11月に入る頃にはカサカサしたり、時々切れる程度になり、今ではつるんとしています。

左:2019年10月 右:2019年12月
耳だけを意識して撮ってなかったので、10月もひどそうに見えますが割と乾いている良い状態です

もちろん、ひび割れがひどすぎる時には、痛くてケアをできないこともありましたが、
意識的に指先や耳を動かしていたおかげで老廃物も流れ、
回復も早かったのではないかと感じています。
(回復して本当に良かった、泣)

ということで、簡単な指先や耳のケアをご紹介します。

1.こわばった指や手のひらを伸ばすストレッチ

先ほども書きましたが、指先は皮膚を掻くために内側にむけて強い力をたくさん使っています。
それに伴って腕の内側もこわばっているので、指先を胸の前で合わせてストレッチしながら、
指先や手のひら、腕の内側を伸ばしましょう。

気づいた時に何度でも^^

2.血流をあげ、自律神経を整え、免疫を上げる!良いことばっかりの爪もみ

先ほど指先には多くの神経繊維が集中していると書きましたが、
その集中している場所が、爪のキワなのです。

その爪のキワを揉むだけで、指だけではなくその神経が影響を与える臓器や自律神経が整うと言われています。
実際に整っているかどうかはわからなくても、明らかに指先の温度がじんわりと温かくなり、血が通い始めたことが感じられます。
この血流促進だけでも、指先にたまる老廃物が流れるきっかけになるのです。

やり方は簡単!爪のキワを少し強めにつまんで指全体を10秒ほどネジネジと捻ります。

注意:寝る前に薬指はやらないでください
(交感神経を活発にするので眠れなくなります)

この動作を薬指以外の指で行います。
余裕があれば足の指先もぜひやってみてください!
指先がじんわりと温まって血流がよくなった事が感じられるかと思います。

本当は、指の根元から指先にかけて指を反らさせながらマッサージするのもオススメなのですが、
なかなか面倒に感じるので、まずは爪もみをテレビや移動の合間や、夜お布団の中などでやってみてくださいね。

3.顔周りの血流を上げて炎症を早く終わらせる手助けに!耳ストレッチ

私自身、脱ステ中の顔の炎症は本当に辛いなって感じていました。
脚や胴体が回復してきても、顔は落屑を繰り返し、
ずっとこのままだったらどうしよう…という不安でいっぱいでしたが、
先の写真の通り、今では小さな落屑が少し残る程度にまで回復しました。

実は、顔は炎症が残りやすい場所でもあるそうです。
なぜなら、血が廻りにくいから。

それはそうですよね。ほとんどの時間頭は一番上にあって、重力とは反対の方向。
これに気づいてから、頭立ほどではなくても、
物理的に血が廻るように足を上げたり頭を下げたりしていました。

でも、普段から血が廻りにくいので、なかなか循環しないのですよね。
それを助けてくれるのが耳ストレッチなのです!

写真では片耳ですが両耳同時に行います

写真の内容はこちら

  1. 左上:耳を横に引っ張る
  2. 右上:上に引っ張る
  3. 左下:下に引っ張る
  4. 下中:前に引っ張る
  5. 右下:後ろに引っ張る
  6. 写真なし:耳全体を握ってぐるぐると回す

写真では端っこを掴んでいますが、耳全体を掴んだままやってもとても気持ちが良く、
顔や首、頭皮も動くのが感じられます。
また人によっては首回りが軽く感じられたり、温かく感じる方もいらっしゃるかと思います。

耳が切れているときはほとんどできませんでしたが、耳の切れていない部分をモミモミしたりしていました。
モミモミし始めると、血が通うからか滲出液も減ってくるんですよね。

指や耳のストレッチや爪もみなどは、全身運動に比べていつでもできるので、
思い出した時にぜひやってみてください!

以上、ボディケア編でした。
今は他にもやっていることはありますが、
脱ステ中はとても負担が大きいので、簡単にできることを無理のない範囲で続けてみてくださいね。

最近インスタグラムに加えてTwitterもはじめました。
ブログ更新がゆっくりなので、更新できたらSNSでお知らせしています。

もしよかったらフォローしていただけますと幸いです。

脱ステ方法
白多羅をフォローする
アトピーと暮らす
タイトルとURLをコピーしました